水素水の安全性について

「水素」と聞くと、水素爆発や水素エネルギーなどのマイナスイメージがどうしてもありますが、水素水には副作用は全くありません。
水素は地球上で最も小さい分子なので、人間の体を構成する細胞内すべてに入り込むことが出来、不要になれば呼吸とともに対外に排出されるようになっています。


水素水は1995年、厚生労働省から、食品添加物として使用することが認可されています。

認可されてからも、継続調査は定期的に行われていて、安全性も確認されています。
水素水を体内に取り入れた場合、分子水素(H2)は人体の水素分解酵素によって、還元力(電子)をもつ原始水素に分解されます。

そして、活性酸素の中でも最も有害である酸化力を持つ、悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)に対して効力を発揮します。
過剰に摂った場合でも、その中の水素は拡散性が高いので、体に害を及ぼすことなく、汗や尿として対外に排出されます。

産経ニュース情報を多数ご用意したサイトです。

このように、水素は体にとって理想的な抗酸化物質として、医療の応用の研究にも利用されているのです。
また、水素水として摂る以外に、水素ガスとして吸入したり、静脈投与や局所投与、水素ガス浴によっても効果が発揮され、多方面への応用も期待されています。



医療現場で利用されていることからも、妊婦や子供などにも害なく与えることが出来ることは証明されるでしょう。

水素水の情報探しをお手伝い致します。

水素水は人の体の健康を損なう恐れがないかどうか、厳しく検査された上で認可、確認されてるのです。